お姑さんを大好きにならなくても良いのです。

次の結婚では嫁姑で悩みたくないですよね

 
お姑さんの
存在が離婚を
後押しすることもありますよね
 
もう
嫁姑問題で悩みたくない。
 
再婚なんだし
次こそうまくやる!
 
姑となる人の存在が
再婚に積極的になれない
理由になるかもですよね。
 
でも
 
姑だって
私たちだって人間です。
 
全部好きになれて
仲良くなれるなんて
 
しなくていいのかなぁと
思うのです。
 
私もね
いまのお姑さん。
 
会えば楽しいけど
なるべく2人にならないように
しています。
 
何故なら
主人に言いにくいことを
私に言ってきて
主人になんとか
自分の言うことを聞かせよう
みたいなところがあるのと
 
「みかんちゃんには遠慮なく言える」
といい
夫婦生活
(昼から夜のことまで)
子供を作ってほしい
 
私の子供の躾について
 
自分達の家を継いで欲しいこと
 
お金のこと
 
本当に遠慮なく
言ってくるのですよ。
 
主人の兄弟のお嫁さんの
愚痴とか。
 
私に遠慮なく言えるのは
理由があって
それは当たり前といえば
当たり前なんだけども
 
都合よくそれを
言ってくるし
私はそれが憂鬱なことも
もちろんある。
 
LINEでもそうなのですが
せめて顔を合わせて言われるのは
なるべく避けてます。
 
ここまで書くと
私がお姑さんのことを
大嫌いっぽいですが
 
それがね
 
そうでもないのです。
 
あって話すと楽しいし
会いたいな、とも思う。
 
そして
お姑さんなりの
「幸せ」のカタチを
私に伝えてるんだろうなぁと
気づいたしそれを
変えるようなこと
しようとは思わないのです。
 
だからこそ
 
すべてを好きにならなくちゃ
主人を産み育ててくれた人に
イヤな感情をもっては
いけない!
 
と悩んでたのだけど
 
ふと
 
別に
全部好きじゃなくて
良くない??
 
と気づいたの(笑)
 
主人にすら
「ここは直してほしいー」
があるのに
 
パーフェクトに
リスペクトできる
人間なんて皆無なのに!
 
長所も短所もあるのが人間なのに!
 
なんで
お姑さんだけ
すべてを好きにならなきゃ
いけないと思ったのやら。
 
まだまだ
「良いお嫁さん」に
なりたいという
謙虚な思いが
アラフォーバツイチの
私にもあるみたいです。
 
それはそれで
可愛い。
 
よく頑張った。
お疲れ様
諦めよう、と思いました。
 
お正月は
お姑さんに
ケーキを買っていくねと
約束しました。
 
食べたいんだって。
 
美味しそうなのを買っていこう
(*´ー`*)
 

関連記事

  1. 幸せな再婚をする

    主人がいい男過ぎる件

  2. 世の中の流れに逆らってるかもしれないけれど 私が思うこと。

  3. 幸せな再婚生活を送ってる理由とは?

  4. 心地よさをノートに記してそれを集めたら心地よい時が増えて幸せ度アップ!…

  5. 日々のタスクをサクサクこなし自信も再婚も手にしちゃおう

  6. 手帳とノート

  7. ライフクリエイトダイアリー

    夢に思い描くこと、手帳に書いて習慣化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。